一般的にビル空調システムでは、通常約30%の外気と70%の室内空気と空気調和機で混合し、ダクトを介して室内に供給しています。

空気調和機には、フィルターが取り付けられていますが、粉塵や菌を完全に除去することは出来ず、フィルターを通過した粉塵が運転時に各吹き出し口より室内に流出します。

飲食店様等の場合は油煙に混じった油が、百貨店様などは繊維から出るホコリがこのダクトに貯まり、不快感・ニオイ・機器故障・施設内感染・シックビル症候群などの問題を引き起こす原因になります。

ダクト内汚染は、防火・防炎ダンパーの働きを妨げ、火災の延焼原因にもなるため、火災予防の観点からも焼肉店様や天ぷら店様などは特に注意が必要です。